GZ Journal <広州日記>

中国広州への赴任準備、任地での生活での気付き・備忘録

中国赴任:クレジットカードは複数枚準備しよう!

 

今回はクレジットカードのお話です。

中国に限らず海外出張等や海外赴任で利用するホテルではカードでのデポジットが必要になるなどクレジットカードなしで動き回るのは現実的ではないですよね。

よって、カードは紛失やカード情報消失や障害に備えて複数枚用意するのがリスク回避の方法としてお勧めです。
特に赴任のケースの場合は、現地からの給与がもらえるようになったり、現地銀行に紐付いたカードが手許に届くまでの時間を考慮する必要があります。

 

私が用意したカードは
1.ANAカード三井住友(VISA)ゴールドカード
2.ANAカード三井住友(VISA)のオプションで銀聯カード
3.楽天プレミアムカード(Master)
4.ビューカード(VISA)
5.JCBゴールド(JCB)
6.JAL CLUB-Aカード(JCB)
以上6枚です。
他にも、手持ちありますが、海外での出番は想定していませんので割愛します。


1.ANAカード三井住友(VISA)ゴールドカード
これは海外出張に多数回行っていた事もあり、
ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)にアップグレードされています。
月次の請求書等を電子化、リボ払い設定することで年会費を下げられますので
ANAで海外出張が多い人にはお勧めですね。
ゴールドカードだと空港でのチェックインが比較的空いているビジネスクラスのカウンターで可能になるのがメリットですね。

2.ANAカード三井住友(VISA)ゴールドカードのオプションで銀聯カード
中国も都市部は国際的なカードが使えますが
少し外れた途端、VISA/MASTERが通用しない地域もあります。
そこで銀聯カードの出番となるわけです。
赴任して現地の口座開設と給与支給がされるまでの間には出番のあるカードです。
特に地方都市では国際ブランドのカードが使えない場面に遭遇することもあり得ますのでこれはあった方が良いですね。

3.楽天プレミアムカード(Master)
これはプライオリティパスの取得のために作ったカードです。
マスターのクレジットカードを持っていないこともあり一枚作成しました。
基本は予備扱いです。

4.ビューカード(VISA)
学生時代より鉄道利用での旅行・出張も多かったことから作ったカードです。
古くから利用しており、Suica機能なしをずっと利用していましたが、最近になって切り替えました。
暫くは一時帰国のときにしか出番がありません。
関東圏の人ならSuica/Pasmoのクレジット機能付きを持っていると便利ですね。
昨年よりJRE POINTなるポイント制度に移行したらしく、移行手続きが必要なのは厄介ですね。

5.JCBゴールド(JCB)
海外赴任前にTHE CLASSの取得を狙ってみたいなと思い作りました。
JCBゴールドで中国国内の空港ラウンジ利用できるところもあり
そういった点も考慮して契約しています。
実際国外ではJCBのプレゼンスは高くなく、利用シーンがありません。
JCB会員向けのチケットサービスはいろいろな公演がありこれ目当てでもあります。
(今は海外生活なので行きたくても行けませんが・・・)

6.JAL CLUB-Aカード(JCB)
これは赴任直前に作りました。JAL便に乗る機会もあるので是非作ろうと!
海外に出ちゃうと作れないのであわててオーダー。
(こっそり海外にいながら作っちゃう人もいるのかもしれませんね)

日本からは上記6枚を持ってきています。
これに加えて赴任後に中国の銀行口座派生のクレジットカードなどを持つことになりますから
カードだらけになります。果たして管理できるのか?ちょっと不安です。

赴任して半年もすると日本への一時帰国を除けば、現地通貨およびサービスで完結してしまうのですが、それでも帰国の度に「用意しておいて良かった」と実感しています。

それではまた!再見!