GZ Journal <広州日記>

中国広州への赴任準備、任地での生活での気付き・備忘録

海外赴任のための手続き諸々

某月某日

中国赴任が決まり赴任者への異動説明を受け、早速準備がスタートです。
自分が所属する会社では内示後に説明会があり、2~3ヶ月で以下の項目を終える必要があります。
中国のビザや労働許可の取得のために必要な手続きが多く、手際よく進める必要があります。

人間ドック
大使館指定病院での検診
警察での無犯罪証明
予防接種(複数回)
持病の診察や処方箋の相談
免許更新
年末調整
住民票異動
その他サービスの契約変更など

基本的にはこんな内容だと思います。必要な書類等は赴任先によって微妙に異なることから注意が必要です。
無犯罪証明書は申請後1週間かかり、予防接種は経過観察もあり間を4週間あける必要があるなど
その日限りで済むものとそうでないものが存在しています。
また人によってですが引継ぎのための現地への事前出張が入ったりもあるかと思います。
リードタイムを考慮したスケジュールの綿密な立案が必要になりますね。

これらの詳細については個別トピックでお伝えしたいと思います。
赴任される方でこのブログに辿り着いた方もいらっしゃると思います。
おなじ会社での経験者の方のアドバイスを参考に準備されると良いと思いますが、
中国はルールの改正も多く、変わっていることも多いので最新情報を早めに入手して準備が滞らないようにすることをお勧めします。